このページではWEBライターが確定申告する方法と、いくらから申告が必要なのか紹介して行きます。確定申告の種類と経費や控除について、実際の申告方法も詳しく解説して行きます。

確定申告が初めての人や慣れていない人はこのページを参考にしてください。

WEBライターの確定申告はいくらから申告が必要か

条件確定申告が必要な所得
副業ライター給与所得あり年間20万円を超えた場合
専業ライター給与所得なし年間38万円を超えた場合

WEBライターが確定申告が必要な所得は、副業ライター(給料をもらっている人)は年間20万円を超えた場合、専業ライター(給料をもらっていない人)は年間38万円を超えた場合に確定申告が必要になります。

年間20万円、38万円の「所得」ですので、「売上から仕入れや経費を引いた額」となります。

もし年間の売上が50万円でも、経費で35万円使って入れば、所得は15万円となり、確定申告の必要はなくなります。

住民税の申告は1円から必要

副業ライターは年間20万円、専業ライターは年間38万円まで確定申告は必要ありませんが、住民税の申告は1円から必要になります。

住民税の申告のみの場合は、市区町村の役所に住民税申告書を提出します。申告書類は役所の税務課に置いてありますので、取りに行きましょう。

確定申告の期間

  • 確定申告の期間:毎年2月16日~3月15日

確定申告は1月1日~12月31日分を、翌年の2月16日~3月15日に税務署に提出します。
(土日の場合は翌月曜日)

2021年(令和3年)度は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令の時期と重なったことにより「4月15日まで延長」されました。
このように特例で延長される場合もあるので、年が明けてから必ず国税庁のホームページをチェックするようにしてください。
※払い過ぎた税金の還付申告は、2月16日以前でも可能です。

確定申告の種類

申告の種類条件控除額
白色申告通常は白色申告なし
青色申告開業届と青色申告承認申請書が必要年間65万円の控除

確定申告には白色申告と青色申告の2種類がありますが、とりあえずは“白色申告”で問題ありません。白色申告は、青色申告のように特別控除はありませんが、申告がとても簡単なので、まずは白色申告で良いでしょう。

青色申告の方は65万円の特別控除を受けることができ、家族が専従者(専属的に働いている場合)は家族への支払いを経費にすることができます。

青色申告するためには開業届と青色申告承認申請書の提出が必要

青色申告は開業届・青色申告承認申請書を事前に提出しなければなりませんし、簡易簿記もしくは複式簿記を作成し添付する必要があり、ややこしく専門的な経理知識も必要です。

本格的にWEBライターとして活躍・事業を大きくするなどの時に、青色申告で確定申告すると良いでしょう。 青色申告についてより詳しく知りたい人は、国税庁のページを参考にしてください。

>国税庁 No.2070 青色申告制度

確定申告のやり方

白色と青色どちらで申告するか決めたら、実際に確定申告を行ないます。

税務署に提出するまでのステップは、合計5つ!ステップごとに、1つずつ説明していきます。色々と計算するべきものがありますが、1つずつ確実に行なっていきましょう。

STEP1.確定申告をするための準備

まずは確定申告するための準備をして行きます。以下のものを準備しておきましょう。

  • 売上や経費に必要な領収書や証明するもの
  • 源泉徴収票(副業ライター)
  • 保険などの控除になる書類
  • ICカードリーダー(e-Taxで申告する人)

初めて確定申告する人は、領収書などを取っていなかった人もいるかもしれませんが、ネットでの買い物などは後からでも領収書が印刷できることもあります。まずはできるだけ証明できる書類を準備しましょう。

ICカードリーダーはe-Taxで申告しなければ必要ないので、特になくても大丈夫です。

STEP2.売上を計算する

最初のステップは、売上(収入)の計算です。売上=WEBライターの場合は“ライティングの収入”で考えてください。

1年間(1~12月の間)でいくら収入を得たのか、報酬が分かる明細などを準備しましょう。

クラウドソーシングなどを利用している場合は、そこから証明書を出すことができますが、もし直接やり取りしている場合は、納品書や請求書を発行するようにしてください。

売上の計算は支払い月ではなく発生月

売上の計算は、支払いがあった月ではなく、発生した月になります。もし12月に納品した仕事で1月に支払いがあった場合でも、12月に含めなくてはいけません。

仕入れや経費なども、基本的には発生した月で計算するので間違えないようにしましょう。

STEP3.経費を計算する

続いて経費を計算します。WEBライターは基本的に仕入れがないですが、もしライティングを他の人に依頼している場合は、その支払いは仕入れとなります。

WEBライターは以下のような項目が経費になります。プライベートでも使用できるものは按分(あんぶん:割合)となりますが、経費にすることが可能です。

WEBライターで経費にできるもの

経費にできるもの経費にできる割合
パソコンやスマホの機種代金100%(10万円以上のものは3年償却)
ネット通信費15~20%前後(プライベートとの割合による)
ライティングソフトやツール代金100%
ライティングの勉強会や本・セミナー代金100%
勉強会やセミナー・打ち合わせの交通費100%
作業用の机や椅子などプライベートとの割合による(専用の作業机や椅子なら100%)
外食費打ち合わせや1人作業のために使ったものは100%
家賃15~20%(作業部屋の面積の割合や、作業時間の割合)
電気代15~20%(作業にかかる電気量の割合や、作業時間の割合など)

WEBライターで経費にできる項目と割合を参考に記載しました。この割合などは、税理士による見解も変わってくるので、もし担当税理士がいれば、割合について相談するようにしましょう。

WEBライターはパソコンも使いますし、ネット通信費や電気代などもかかります。

普段の生活で使っていますが、按分で経費にすることができるので、けっこう経費として計上することができます。

家賃も経費にすることができるので、「家全体の面積から作業部屋に対する割合」や、「生活全体から作業している時間の割合」で計算しましょう。外食費も、打ち合わせや1人作業で使った費用(食事やカフェなど)も経費にできます。

経費については、別ページで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

> WEBライターの確定申告 経費や控除になるもの一覧

STEP4.控除を計算する

続いて、控除額を計算しましょう。副業ライターさんは、会社で控除関係の手続きはやってくれますが、本業ライターさんは自分で控除の申請もする必要があります。

生命保険料控除や地震保険料控除、寄付金控除など忘れないように申請してください。

控除できるもの

控除額参考
基礎控除48万円(所得2,400万円以下)国税庁 No.1199 基礎控除
配偶者控除38万円(所得900万円以下)国税庁 No.1191 配偶者控除
扶養控除同居58万円,同居以外48万円国税庁 No.1180 扶養控除
社会保険料控除所得によって上がって行く国税庁 No.1130 社会保険料控除
生命保険料控除最大12万円
(生命保険4万円,介護保険4万円,個人年金4万円)
国税庁 No.1140 生命保険料控除
地震保険料控除支払金額の全額(上限5万円)国税庁 No.1145 地震保険料控除
寄付金控除
(ふるさと納税)
所得によって上限が上がる国税庁 No.1155 ふるさと納税(寄附金控除)
青色申告特別控除55万円(簡易簿記は10万円)国税庁 No.2072 青色申告特別控除

社会保険料控除は基本的に会社がやってくれますが、ふるさと納税はご自身で計算して上限を確認します。

控除上限額シミュレーションなどを使うのがおすすめです。

STEP5.申告書を作成する

売上と経費、控除額が分かったら確定申告書類を作成して行きます。

確定申告書はAとBがあります。副業ライターはA表、専業ライターはB表を使って行きましょう。

A:所得が給与所得や公的年金、その他の雑所得のみの場合(予定納税もない人)
B:予定納税や不動産所得がある人や個人事業主

では申告書の作成方法を紹介して行きます。申告書類は税務署でもらうことができますし、国税庁の様式・手引きのページでダウンロードすることも可能です。

今回は申告書の作り方を紹介しますが、ネット上で自動計算してくれる国税庁 確定申告書等作成コーナーもおすすめです。

第一表

第一表は収入や所得、経費や控除などを記入して行きます。

  • 収入金額:ライティング収入は雑 その他(ク)の箇所に記入
  • 所得金額:(7)の箇所に経費を引いた金額を記入(経費を引いた金額)
  • 所得から差し引かれる金額:控除金額をそれぞれ記入
  • 税金の計算:本来の所得税額を計算し、そこから控除額を差し引く
  • その他:青色申告特別控除や専従者給与などを記入

詳しくは国税庁の申告書の記載例をご覧ください。

第二表

第二表は第一表の内訳を記入して行きます。収入や源泉徴収税額など、細かい記入が必要になってくるので、下の記載例を参考にしてください。

記載例を参考にしてください

STEP6.税務署に提出する

申告書を作成したら、記入漏れやミスが無いかを見直します。問題なければ税務署に提出しましょう。

確定申告書の提出方法
  • 管轄の税務署の窓口に行き、直接提出
  • 管轄の税務署宛に、記載済みの書類を郵送
  • e-Taxを利用した、インターネット上での提出

上記3種類から、やりやすい方法を選択し提出してください。

税務署が近くにある場合は直接持って行っても良いですが、郵送もしくはe-Taxで提出するのがおすすめです。

e-TaxはICカードリーダーが必要になるので、ない人は郵送を選択してください。

まとめ

WEBライターの確定申告のやり方や申告が必要な金額などを紹介して来ました。

副業ライターは20万円を超えたら、専業ライターは38万円を超えたら申告が必要になります。売上が20万円、38万円以上あっても経費を引いて下回れば、確定申告の必要はありません。

ぜひ経費もしっかりと計算して、無駄に税金を支払い過ぎることがないようにしましょう。

関連ページ:WEBライターの確定申告 経費や控除になるもの一覧