どのワードを検索してみても、インターネット上では膨大な情報が発信されています。しかし近年では情報量の多さよりも、内容に対しての確実性や信ぴょう性などの「質」が重視されていることをご存知でしょうか。

GoogleSEOでも記事の「信頼性」が重視され、評価に大きく影響しています。コンテンツを絶えず発信するサイトやメディア運営者は、質が高い記事を提供するために“記事監修”が欠かせません。

このページでは<記事監修>について目的や内容、費用・相場なども詳しく解説します。

記事監修とは?

記事監修とは、ライティングされたコンテンツ(記事や原稿)を専門家がチェックし編集する作業のことを指します。記事の内容を見て、「専門的な立場から指導しよりリアルな情報を加える」といえばより分かりやすいかもしれませんね。

専門家は医師・弁護士・税理士・金融・保険・美容ライターなど分野ごとに様々存在しており、特に国家資格を持つ方たちが記事監修を行なうことが多いです。

記事監修を行う専門家は、ライターの記事をネット上にアップする前に事前確認を行ないます。

その時点で足りない情報があれば、より専門的な情報を付け加えたり/専門用語の解説が間違っていれば訂正したりなどアドバイスを行います。

その分野に精通した専門家たちが“監修する”ことで、より確実な[根拠に基づいた、事実に裏付けられた]高品質の記事が完成するというわけです。

現に上位表示されている専門的な情報が網羅されたコンテンツには、多くの記事監修が行われています。

Googleで評価されるにも必須⇒だから監修済みの記事が増えた!

なぜ記事監修されたコンテンツが増え、上位表示されるようになったのでしょうか。それは先ほども言った通り、(専門家が)監修することでコンテンツそのものに「信頼性や権威性」が増し加わります。

Googleには、品質評価ガイドラインが存在し、E-A-Tについて詳しく記載してあります。

E-A-Tとは?
  • E(Expertise)‥専門性
  • A(Authoritativeness)‥権威性
  • T(Trustworthiness)‥信頼性

上記3つの基準は、コンテンツの品質を評価する1つであると書いています(19ページ:3.2)。

参照:Google General Guidelines(Google検索品質評価ガイドライン)

ライターが執筆したものに専門家からの記事監修を加えることで、品質が高まるだけでなく「E-A-T」の基準を満たすことにも繋がります。特に、権威性も兼ね備えた記事はライターのみで作り上げるのは至難の業です。

しかし記事監修されたコンテンツには実際に監修した専門家の名前が載るため、“誰からの情報を元にしているのか”がGoogleにとって明確に判断でき=“権威性”が高まります。

記事監修されたコンテンツは「Googleから評価される」⇒「状に表示されてユーザーからも読まれ支持される」という2つのメリットを得ることができ、好循環を生みます。

記事監修はなぜ必要?目的とメリット

記事監修にはユーザーの支持やGoogleでの評価を受けて上位表示させるだけでは無い、別の目的も存在しています。なぜ記事監修が必要なのか、記事監修することの目的・メリットを見ていきましょう。

①ユーザーに対し、正確・事実の情報を発信できる

コンテンツの内容に特化した専門家が監修するので、エビデンスを基に正確な情報を発信できること‥これが1つ目の目的&メリットです。

専門家は、嘘はもちろんユーザーに読まれたいからなどと良いことばかり書くことはしません。できるものはできる・できないものはできないと、事実をハッキリ述べます。

誰もが見ることのできるネット上で発信するコンテンツに、偏りや誤った情報は一切不要です。

ただ事実のみ/正確な情報のみを書いたコンテンツこそが、認められることを知っておいてください。

②検索意図を満たした、ユーザーファーストの記事が出来上がる

前述した、正確・事実な情報が網羅されたコンテンツはユーザーの検索意図を満たします。というのも、ユーザーは自身が持つ疑問への『答え』を求めて検索するからです。

専門家が記事監修していれば、最適解が得られますよね。

また専門家は職業柄常にユーザー(顧客)と向き合って仕事をしているので、どういうことを知りたいのか・何を求めているのかを日々、自身で体感しているわけです。

ですので、何が不足しているのか・余計な情報が入っていないかなどをコンテンツの内容に合わせつつ‥ユーザーにとって最適な情報のみを提供する“ユーザーファースト”の記事が出来上がるのです。

理想論では無い、ユーザー(現場)目線の記事はGoogleからも当然高い評価を得ます。

③他の競合サイトと差別化できる

記事監修の必要性3つ目は、他のサイトと差別化できることです。

ある日焼け止めクリームについて書いたコンテンツが2つあるとします。1つは全く知識が無いライターが調べながら書いたもの、もう1つは専門家が監修したものです。

皆さんなら、どちらの記事を読みたいと思いますか?当然、後者の記事監修された方でしょう。

日焼け止めと言っても「持続時間や汗をかいた時に落ちないか?」などの一般的な情報はもちろんですが、敏感肌でも使えるのか?他のクリームと混ざってはいけない成分などが入っていないか?

肌別の正しい選び方など、調べたい情報はたくさんありますね。

特に日焼け止めクリームは光線過敏症などの皮膚の病気を持つ人も使用するため、皮膚科医がそういった人も使えるのかどうか?

医師の目線で記事監修されているか否で、競合サイトと大きく差を付けることができます。

④自身のサイト・メディアへの信頼が高まる

4つ目のメリットは、コンテンツを記事監修することで(自社で)運営しているサイトやメディアそのものの信頼度が高まる点です。

専門家によって監修された記事を読んだユーザーは、「あ、この記事は信頼できる」と判断します。そして他の情報を知りたいと思った時は、(そのサイト内にある)違うコンテンツを読む傾向が高いのです。

ライターのみが書いたものとは全く違う完成度の記事=つまり記事監修されたものが1つあるだけで、自社サイト内の他の記事も読まれやすくなるというわけです。

記事監修を依頼した時の費用・相場はどのくらい?

記事監修がどういうものなのか、またコンテンツへの記事監修の必要性を理解して頂いたかと思います。

では実際に記事監修を依頼する場合、気になるのがやはり費用ですよね。

専門家が行うので高いのでは?と考えている人も多いかと思いますが、一般的な相場価格はあるものの‥実際のところは『ピンキリ』です。

分野・実績や経験年数・知名度等、どの専門家に依頼するかで大きく変わる

記事監修の相場は、2万円~5万円程と言われています。よほどの有名な専門家に頼むのでない限りは、この金額を基準にすると良いでしょう。

しかしこれはあくまでも一般的な相場です。専門家の実績・経験年数、分野によっても異なるので注意してください。

TVや雑誌にも出ているような有名な人に監修を依頼するのであれば、記事1本でも数十万円することもあります。

事務所に所属してメディアで活躍しているような人ならば、もっと高くなります。

有資格者のライターでも記事監修は可能

クラウドソーシングサイトなどでの募集を見てみると、安くて1,000円~高くても5万円・より専門的な知識が必要な記事であれば~10万円ほどが相場です。

専門家でなくても資格を持ったライターでOKという場合は、こういった比較的なリーズナブルに募集できるクラウドソーシングサイトを利用する手も良いと思います。

Lancers(ランサーズ)であればプロジェクトと言って、提案者が複数いる中から最適な監修者をチョイスできますよ。

その際は、法律や制度などの知識があることも合わせて確認しましょう。

特に美容系の記事は、表現に制限が設けられているからです。

記事監修の作業内容は?職業別に解説

専門家が記事をチェックして情報の加味や訂正を行うことが、記事監修です。場合によっては、ライターと共同でコンテンツを仕上げていくこともあります。分野によって記事監修の内容はそれぞれ異なります。

どのように記事監修されているのか、職業別にまとめてみました。

医療や薬関係、介護

医療のコンテンツは医師、薬関係は薬剤師、介護のコンテンツはケアマネージャーなど国家資格を持った人からの監修がほぼ100%です。

しかしどんなに専門的なコンテンツであっても、監修した専門家がすべての記事を書いているわけではありません。どの専門家も実務で多忙であり、記事の執筆時間など持つことは難しいのが現状です。

ですので、既に完成されたコンテンツに+αする“記事監修”という形で依頼することがほとんどです。

記事には[医師or薬剤師による監修]などと明記されます。ライターはあくまでも記事制作を代行しているという位置付けです。

記事の最後には、監修者が誰なのか:専門家の名前や経歴・顔写真まで載るため、ユーザーは安心感を得ます。

最近かゆみに効く市販薬が無いか調べたのですが、[医師による監修]と書かれた記事が上位3つめに表示されていました。記事監修されているコンテンツでは医療・薬関係が一番多いかもしれません。

ユーザー自身の健康問題にかかわることであり、正しい情報を伝えなければ訴訟問題に発展しかねないからです。

金融や保険・不動産

金融や保険・不動産などは時代や景気などに合わせて目まぐるしく変動します。ユーザーの資産や人生に直結するものばかりなので、ファイナンシャルプランナーなどの専門家から監修を受けることは必要不可欠です。

これらの分野はユーザーごとにそれぞれプラン設計が異なるので、様々なパターンを想定し最適な方法を提供する必要があります。

また制度や法律なども関係してきますし、不動産に関しては税金についての知識も持っていなければなりません。

美容系

美容に関して上位表示されているコンテンツの多くは美容ライターが監修し、元美容部員や医薬品登録販売者などを経ている人が多いです。

美容の分野は、スキンケアやサプリメント・ダイエットなど多岐にわたります。特に美容系のコンテンツは、“過剰な表現”がされていないかのチェックがとても重要です。

コンテンツ内はもちろん広告も要注意で、<14日間で-5㎏が叶うサプリメント>・<1週間でシミ・シワを消すクリーム>こういった表現はすべてNGです。

魅力的な表現なのでユーザーを惹きつけはしますが、きちんとした根拠が無い/効果が不確かな状態で発信すればどうなるでしょうか。

それを鵜呑みにしたユーザーは症状が悪化してしまったり、場合によっては入院する必要性が出てくることもあります。

そもそも、楽をして痩せる・シミしわを消すなどというのは現実的に不可能です。そう考えれば何がNGかはすぐに分かります。

記事監修されていないコンテンツに潜む4つのリスク

記事監修されていないコンテンツには、どのようなリスクが伴うのでしょうか。4つのリスクをまとめました。

リスク①法律違反などに繋がる

まず1つ目のリスクは、記事監修しないことで法律違反などに繋がるということです。

2016年に「Welq(ウェルク)」というDeNAが運営する健康・医療情報をまとめたサイトが閉鎖されたことは、WEB業界では当時話題になりました。

Welq(ウェルク)が閉鎖された理由は、医師や薬剤師などの専門家から監修されておらず<根拠ある正確な情報>が発信されていなかったからです。

医療のコンテンツには必ず薬機法(旧:薬事法)適用の元という決まりがあり、Welq(ウェルク)にまとめられれていた記事は法律も違反していたのです。

このWelq(ウェルク)の問題から、記事監修がより重要視されるようになりました。

リスク②根拠のない情報が先走る

記事監修されていないと法律違反になるだけでなく、事実ではない情報だけが先走りかねません。

Welq(ウェルク)内のコンテンツでも、「ある特定の成分がガン細胞に効果あり!」など医学的には全く根拠が無い不確かな情報が乱立・掲載されていました。

専門家が監修しておらず、少しかじった程度の医療知識しかないライターが執筆していたとのことです。

すべてSEO対策で、Welq(ウェルク)の記事をGoogleに上位表示させたいがために行なっていたことが判明しました。情報が先走ってしまうとどうなるのか?が、ユーザーへの影響です。

リスク③ユーザーが、被害を被る

一番被害を被ってしまうのが、そのコンテンツを読んだユーザーです。自分の悩みに効果があると分かれば、薬でも何でも取り入れます。

仮に自分が読んでいるコンテンツが記事監修されていなかったとしても、嘘が書いてあるとは誰も思いませんよね。つまり監修の有無にかかわらず“すべて真実”であることを前提に読むわけです。

これを逆手に取りあたかも真実のように書くコンテンツを避けるためには、監修されていない記事そのものを排除しなければなりません。

リスク④運営元のサイトやメディアは信頼を失う

専門家による監修が成されていない記事を載せたサイトやメディアは、閉鎖に追い込まれ信頼を失います。

専門家による監修がされていないことで、嘘を言ったサイトだとあっという間に広まるのです。

記事を読んで試したユーザーに健康被害が出たとすれば、これは大問題。作業内容の章でもお伝えした通り、訴訟問題にまでなってしまうのは目に見えています。

記事監修の注意点

記事監修での注意点を2つ確認していきましょう。

本名や職場、顔出しまでOKか

1つ目は、記事監修者として本名や今現在の職場(経歴含む)そして顔写真の掲載まで可能かという点です。

様々な専門家の中でも医師・薬剤師などは、ほぼ全員が本名&職場・顔写真までも掲載可としています。事実を伝えているので何も隠す必要は無いわけです。

監修者の名前ONLYよりも顔写真まで載っていた方が、ユーザーからの安心度や信頼度は格段に高まります。

法律だけでは無い、制度・基準を知っているか

医師や薬剤師に記事監修を依頼する場合、薬機法だけでなく[医薬品の広告規制について]の知識もあるかは1つのポイントです。

特定のサプリメントなどの推奨や、虚偽または誇大な記事を広告してはならない等あらゆる決まりがあるからです。

厚労省のホームページにも記載されており、こういった知識がある専門家に記事監修してもらう必要があります。

参照:厚生労働省 医薬品等の広告規制について

記事監修サービス・企業の紹介

最後に記事監修サービスを行なっている企業を紹介して、この記事を締めます。記事監修してもらいたい人を探す時に、お役立てください!

みんなの記事監修

みんなの記事監修

みんなの記事監修は、当サイトが運営する記事監修サービスです。

本サービスは監修の意味合いだけでなく、GoogleのE-A-T対策になっているのが大きなメリットで、専門家の氏名や登録番号の掲載、専門家サイトからの被リンクを得ることで権威性と信頼性を得ることができます。

記事監修の専門サービスなので、記事の依頼も簡単で、スピーディーに対応することができます。

現在は税理士のみの対応になるので、税関係のコンテンツを発信しているサイト運営者は、ぜひ利用してみましょう。

株式会社スタジオ・ウーフー

STUDIO WooFoo 記事監修

コンテンツ制作10万件以上の実績を誇る株式会社スタジオ・ウーフーでは、保険・法律・金融・医療・ITやWEB・法律など多種多様の専門ライター(有資格者)が20,000人以上登録しています。

コンテンツ内容に沿った専門且つ的確な情報を加えてくれます。

依頼すれば専任のディレクターが進行するので安心ですし、その割に料金が2万円からと非常にリーズナブルなのが特徴です。

専門家記事監修

サグーワークス 専門家(コラム・監修)

国内大手クラウドソーシングサイトの1つ、サグーワークスが提供している記事監修サービスです。

130種類もの職種へ1,500人以上の専門家が在籍、どのジャンルの記事監修であっても対応可能です。

既存の記事に対して監修のみを行う/プラチナライターが記事を作成+専門家が監修どちらも行なう、2つのサービスを用意しています。

文字数やどこまで監修してもらうかによって料金は変動します。最低発注記事数は5記事からと少ないので、試しに頼むのも良いでしょう。

まとめ

記事監修は、
・エビデンスがしっかりとした情報を伝えることができる
・Googleからも評価される
2つの働き・役割を果たします。

特に読み手となるユーザーは正確さと信頼性を求めるので、膨大な情報の中でも特に医療や美容・その他専門分野は『記事監修されたコンテンツ』のみが生き残っていくことでしょう。

自身が運営するサイトやメディアで提供しているコンテンツのニーズに合う記事監修を、効果的に取り入れてください。