外注先のライターから納品された文章が「コピペ」かどうかを確認したいという方におすすめの「コピペチェックツール」を紹介します。

「無料」で今すぐ使用したい方におすすめ

CopyContentDetector

まず紹介するのは、株式会社ウェブサークルが提供する「CopyContentDetector」です。

このツールは複数の判定基準を用いた「多角的なチェック」が特徴的で、チェックしたデータの蓄積も可能です。

回数制限なしでお使いいただけます。

CopyContentDetectorのトップページ
文字数25〜4000文字(無料)
〜8,000文字(有料)
料金◎基本無料
◎有料プラン(月額)
ワードプレスチェックミニ 1,070円
ワードプレスチェックライト 1,610円
ワードプレスチェックレギュラー 3,219円
ワードプレスチェックラージ 6,459円
提供形態オンライン型

こぴらん

次に紹介するのは、サイトにアクセスするとすぐに使える「こぴらん」です。

パソコンはもちろん、スマホタブレットでも使用可能で、コピペだけではなく「文字数カウント」も出来るツールです。

こぴらんのトップページ
文字数25〜4000文字
料金◎無料
提供形態オンライン型

sujiko.jp

次に紹介するのは、株式会社ディーボが提供する「sujiko.jp」です。

比較したいサイトの「URL」を2つ入力することで判定し、コピペチェックはもちろん、ご自身のブログ内での「重複コンテンツ」を調べる際にも活用できます。

sujiko.jpのトップページ
チェック回数〜5回
※無料のメールアドレスを登録した場合は「無制限」
料金◎無料
提供形態オンライン型

剽窃チェッカー

次に紹介するのは、「剽窃チェッカー」です。

こちらは中国語やロシア語など「多言語」に対応しており、Yahoo! Japanの検索結果リアルタイム検索Google Booksへのリンクも生成できます。

剽窃チェッカーのトップページ
文字数〜2000文字
料金◎無料
提供形態オンライン型

「ファイル」で調べたい方におすすめ

盗作チェッカー

海外企業のSmall SEO Toolsが提供する「盗作チェッカー」です。

無料ツールでは珍しく、「.pdf」を始め「.tex, .txt, .doc, .docx, .odt, .rtf」などの複数のファイル形式を用いた、コピペチェックが可能です。

文字数〜1000文字(無料)
〜25,000文字(有料)
〜510,000文字
※プランにより変動します
料金◎基本無料
◎有料プラン(月額)ベーシックI $9.8(およそ1,121円)
II $19.8(およそ2,265円)
III $39.8(およそ4,553円)
IV $59.8(およそ6,841円)

クラシック$24.8(およそ2,837円)I $39.8(およそ4,553円)
II $59.8(およそ6841円)
III $79.8(およそ9,129円)

エンタープライズ$29.8(およそ3,409円)
I $49.8(およそ5,697円)
II $99.8(およそ11,417円)
III $149.8(およそ17,138円)
提供形態オンライン型

「大学」のレポートや論文で使用したい方におすすめ

CopyMonitor(コピーモニター)

次に紹介するのは「CopyMonitor」です。

このツールは、学生のレポート論文をチェックするのに最適で、国内外の膨大なデータベースから、AIを用いた精度の高いチェックが可能です。

CopyMonitorのトップページ
文字数〜30,000文字
料金◎有料
個人用ライセンス 22,000円(6ヶ月)
団体用ライセンス 500,000円(1年)
機関向け、要問合せ
※5日間の無料トライアルあり
提供形態オンライン型

コピペルナー

続いて紹介するのは、株式会社アンクが提供する「コピペルナー」です。

こちらは主に法人向けで、全国各地の478の大学271の企業、官公庁、団体への導入実績のある、大規模なコピペチェックツールです。

コピペルナーのトップページ
文字数1,048,576文字以上
料金◎有料
・コピペルナーV5 ソフト版(1ユーザー当たり)
アカデミック永続ユーザーライセンス 38,830〜49,830円
年間ユーザーライセンス 7,326〜8,646円

ビジネス永続ユーザーライセンス 121,000〜132,000円
年間ユーザーライセンス 24,200〜26,400円

・サーバー版
1ソケット 1,925,000円
2ソケット 2,860,000円
3ソケット 3,795,000円
4ソケット 4,730,000円


※年単位で別途「保守料金」が発生します。
提供形態ソフト、サーバー型

iThenticate

次に紹介するのは、多国籍企業のターンイットイン・ジャパン合同会社が提供する「iThenticate」です。
こちらは、30カ国語以上の学術文書をチェックでき、毎月「研究者」や「大学教授」を対象とした、使い方の説明会も開催しています。

iThenticateのトップページ
文字数〜25,000文字
〜75,000文字
※プランにより変動します
料金◎有料
Individual Package $100.00(およそ11,000円)
3 Credit Package $300(およそ34,000円)
提供形態オンライン型

「仕事・業務」で使用する方におすすめ

chiyo-co(ちよこ)

まず紹介するのが、CROCO株式会社が提供する「chiyo-co(ちよこ)」です。

特に「Webメディア」を運営している方におすすめで、文章の特徴的な表現(キーフレーズ)を抽出し、類似文章の発見や著作権侵害のリスクまで調査できます。

chiyo-coのトップページ
文字数1000文字で1カウント
〜2,000,000文字
料金◎月10回まで、無料
◎有料プラン(月額)
プラン100 4,400円
プラン500 16,500円
プラン2000 55,000円
提供形態オンライン型

コピペリン Ver.2

次に紹介するのが、株式会社サクラボが提供する「コピペリン Ver.2」です。

文章全体だけではなく「文節ごと」のコピペチェックが可能で、さらに返金保証付き、操作方法などのメールサポート体制も充実しています。

コピペリン Ver.2のトップページ
文字数要問合せ
料金◎有料
年間6,600円(月額およそ500円)
提供形態ソフト型

EmmaTools

株式会社EXEDIAが提供する、SEOライティングツール「EmmaTools」です。

こちらはSEOメインのツールですが、一機能として「コピペチェック」が可能で、Webメディアを運営している方や、文章のクオリティを確認したい方にもおすすめです。

EmmaToolsのトップページ
文字数要問合せ
料金◎有料プラン(月額)
65,780円
※無料トライアルあり
提供形態オンライン型

コピペチェックツールの選び方

最後に、どのコピペチェックツールが良いのかわからないという方に向けて、選び方のポイントを3つ紹介いたします。

  • 1文字当たりの費用はどうか?
  • チェックの方法は「テキスト」か?「ファイル」や「URL」か?
  • 使いやすいデザインかどうか?

皆様にとって、使いやすいコピペチェックツールが見つかることを願っています。