自社サイトに載せる記事やコンテンツを外注できるところは無いかな?とお探しの方、『SEOライティング代行サービス』に依頼してみてはいかがでしょうか。

代行サービスを利用すれば、上位表示記事を手にするだけでなくSEOライティングに割いていた時間や手間も大きく軽減できますよ。

このページでは数あるSEOライティング代行サービスの中から、厳選して10社を紹介します。

SEOライティング代行サービスは大きく分けて2つ!

SEOライティング代行サービスには、大きく分けて「クラウドソーシング型」と「ライティング専門会社」の2つに分類されます。

どちらもメリットデメリットがあるため、ニーズに合わせて選び使い分けると良いでしょう。

低コストでライターに依頼が可能:「クラウドソーシングサイト」

「クラウドソーシングサイト」は、仲介サイトを通じて個人事業主・ライターに記事を作成してもらいます。

あまりコストをかけずに依頼ができる・完成した記事が納品されるまでの時間もスピーディーなのが特徴。ゆえに、質より量が欲しい時などに重宝します。

その反面、不特定多数のライターが存在しているのでスキルもバラバラで(完成した記事の)クオリティに差が出るのが難点です。

重要とするコンテンツ作成には不向きです。自社サイトが求める質を兼ね備えたライターに“すぐに”見つけるのは、難しいかもしれません。

参照:Wikipedia クラウドソーシング

知識を持った専門ライターが在籍/品質重視なら:「ライティング専門会社」

「ライティング専門会社」はライティングに特化したプロのライターが在籍し、クライアントが提示する条件を満たした記事を制作→提供する会社です。

クラウドソーシングサイトのように不特定多数の中から選ぶのでは無く、どのライターに依頼しても高品質な記事が見込めるのが最大の利点です。

その分費用は高めですが、自社サイト記事のSEOを強化したい場合はライティング専門会社の方がベターです。

おすすめSEOライティング代行サービス10選

ここから、SEOライティング代行サービス10社を見ていきましょう。

クラウドソーシングサイト5つ・ライティング専門会社5つずつ紹介しているので、それぞれ比較して自社サイトに合った代行サービスを見つけてください。

1.CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドワークス
サービスのタイプ文字単価
クラウドソーシング自由に設定可能

CrowdWorks(クラウドワークス)は、日本最大級の規模を誇るクラウドソーシングサイトです。発注数は570万件を突破、仕事の種類は200種類以上と要望に合わせた発注が可能です。

特定のライターに外注・発注したい時は、プロジェクト形式が最適。完成までの工程や納品期日など相談し合いながら進めることができ、記事の完成後は修正依頼も行えます。

納品完了率やスカウト回数・総合評価など6項目すべてをクリアした人にのみ認定される、“プロクラウドワーカー”システムを採用しています。

TOP CLASS100名鑑は、ライティング依頼する際に大きく役立つことでしょう。システム利用料は無料です!

募集した案件が目立つように表示・掲載されるようにできるオプションも多数存在しているので、適宜利用してください。

2.Lancers(ランサーズ)

ランサーズ
サービスのタイプ文字単価
クラウドソーシング自由に設定可能

Lancers(ランサーズ)もCrowdWorks(クラウドワークス)と並ぶほどの、大手クラウドソーシングサイトです。ライティングとして依頼したい内容を投稿して募集→ライターからの応募を待つ求人・タスク方式の他、プロフィールや実績を見て直接依頼することもできます。

クライアントからの評価や仕事の完了率・返信率など一定以上の基準を満たしている“認定ランサー”制度もあります。プロフィールに付くバッジが目印です。また報酬も、仕事が完了(記事が納品)されてから支払われるため安心です。

24時間365日年中無休のサポート窓口も便利です!ライター以外にもエンジニアやデザイナーも多数登録しているのが特徴です。

アフィリエイトサイトの運営やロゴ・会社のネーミング作成など、ライティング以外に様々な案件の依頼も可能ですよ。

3.Shinobiライティング

Shinobiライティング
サービスのタイプ文字単価
ライティング専門1文字1円

Shinobiライティングに登録しているライターの数は43.6万人(2021年5月時点)と、Lancers(ランサーズ)やCrowdWorks(クラウドワークス)に比べると少なめです。

しかし“ライティング”に特化したクラウドソーシングサイトという点を生かし『WEB完結自動システム』を導入、納品スピードは最速(100記事だと3日!)・月間の納品実績も291万記事と業界シェアNo.1 です。

SEO対策の強化や時間の短縮にもなるため、リピートするクライアントも多々います。

また、Shinobiライティング独自のコピペチェックツールにより他には無い完全オリジナルの記事を手にすることができます。

アダルトや宗教・政治などの個々の思想が影響するようなジャンルの記事作成は不可能ですが、それ以外のジャンルならばほとんど引き受けてくれます。

法人(企業)のみならず個人でもOK!料金は1文字1円とリーズナブルなのも◎です。

4.サグーワークス

サグーワークス
サービスのタイプ文字単価
ライティング専門1文字0.75円~

サグーワークスは株式会社ウィルゲートが運営、<クライアントからの依頼をすべて代行>してくれるクラウドソーシングサイトです。

クライアント向けのプランは2種類あり、どのように作成して欲しいかを詳細に指定・1文字0.75円~依頼できる「オンライン発注プラン」と、SEOコンテンツディレクターと相談しながらより高品質の記事を作成・1文字1.2円~、最低発注数は30万円の「オーダーメイドプラン」から目的に合わせて選べます。

記事のテーマが明確に決まっている・納品時期は早い方が良いという場合は、オンライン発注プランがお勧めです。

ライターの質もレギュラー・ゴールド・プラチナと3ランクに分けられており、記事の質・予算に合わせて自由に選択も可能です!ライターを募集し記事の納品・コピペのチェックなど、クライアントとライター間のやり取りは“すべてサグーワークスが代行”してくれます。

SEOライティング含めて全部一任したいなら、ここサグーワークス一択です。

5.シュフティ(Shufti)

ュフティ
サービスのタイプ文字単価
クラウドソーシング自由に設定可能

シュフティ(Shufti)は【「主婦の働く」をサポートする】をモットーにしており、主婦ライター(ワーカー)が多く在籍しています。そのため自社サイトが女性向けのテーマで構成している場合や、女性目線での記事が欲しい場合などに特に重宝します。

商品の口コミなどのブログ制作に大量の記事が必要ということで、こちらのシュフティ(Shufti)を利用しているクライアントもいます。

複数人のワーカーへの依頼も、一括で発注できる機能を使えばスムーズです。

また小口依頼も可能で、まずはお試しに1記事書いてもらってから(気に入った後)継続的に依頼できる“パートナー機能”は、安定的にライティングしてもらうには欠かせません。

単価目安も1記事500円~と安いので、大量に記事が欲しい際には利用してみてください。

6.株式会社Buildup

Buildup
サービスのタイプ文字単価
ライティング専門1記事5万円~

株式会社BuildupはSEOコンサルティング会社が提供する、まさに“SEOに強い記事作成”を希望するクライアントにピッタリの代行サービスです。

ライターのスキルは一切関係せず、SEOの専門知識はもちろんユーザー・Google両方の視点から徹底したSEOライティング記事が制作されるのは、<SEOコンサルティング会社>ならではの強みです。

特にライターの選別に重きを置いていて、信頼できるライターとしか契約していないので安心して外注できます。

これだけのサービスなので料金が気になるところですが、1記事5万円~と、なかなか高級な金額となります。文字数に比例するわけでは無く、記事1本からの依頼が可能です。

顧客満足度は98.4%・サイトの平均アクセス数も450%アップ‥この実績が本当かどうか、Buildupに依頼して実際に体験してみてください。

7.記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム
サービスのタイプ文字単価
ライティング専門1文字1円~

記事作成代行ドットコムでは、プロのライターが在籍あらゆるジャンルの記事執筆に対応しています。2011年からライティング代行サービスを開始しました。

料金プランは<1文字1円の、おまかせコース>・<1文字3円からの、こだわりコース>2つの体系に分かれています。キーワードを含めた記事を作成してくれればOKという場合には、<おまかせコース>でリーズナブルになります。

WordPressを設置・納品後の記事修正や更新など、すべてを代行してもらいたい場合は<こだわりコース>と予算・ニーズに合わせてチョイスできるのが魅力です。

キーワードや画像の選定・企画案の作成などはオプションとして追加が可能で、おまかせコースを契約しておいて足りない部分だけを+αするという手もあります。

ちなみに、1年間継続すると次年度から全プラン10%OFFです。まずはメールでの無料見積もりを使って、利用を検討してみてはどうでしょうか?

8.コンテンツウォーカー

コンテンツウォーカー
サービスのタイプ文字単価
ライティング専門1文字0.8円~

コンテンツウォーカーは、独自で設定した基準をパスしたライターのみ在籍しています。常に継続して一定の質を保った記事を作成するライターしか登録されていません。

過去にライティング経験があっても(コンテンツウォーカーで)初心者ライターであれば、作成カリキュラムに合格していない=受注させないという徹底ぶりです。高クオリティを求めるクライアントは利用すべき代行サービスと言えます。

単価0.8円のバックリングコース・単価1.0円の通常コース・単価1.15円のこだわりコース・単価2.0円のプレミアムコースの4プラン用意されており、それぞれ記事数や文字数・指定できる項目そして執筆ライターも異なります(単価が上がるほどライターの質もアップ)。

どのような記事が欲しいのか目的を明確にした上で、プランを選択しましょう。

この人には書いてほしくないという、NGライターを指名できるユニークなオプションもあります。

9.ZETTON(ゼットン)

ZETTON
サービスのタイプ文字単価
ライティング専門1文字0.7円~

株式会社デザインが運営するZETTON(ゼットン)は、コストパフォーマンスを重視・翌日には記事が欲しいクライアント向けのサービスです。

累計作成記事は、31万を突破。1文字0.7円~という安さで、1記事からの発注はもちろん1,000以上の大量記事にも対応します。利用事例は、キーワードの指定ありで商品紹介などの記事は1,000文字100記事で10万円・キーワード指定なしのブログ記事は400文字500記事で14万円です。

専属のディレクターが記事の発注から納品まですべてを担ってくれるので、依頼後はお任せでOKです!

また、校正やコピペ・誤字脱字が無いか・文章に変な部分は無いかなどのチェックもツール・目視両方で行われているので安心して依頼できますよ。

ZETTON(ゼットン)のホームページは非常にシンプルな作りで、初めてアクセスした人でも知りたいことがすぐに分かるようになっている点も特記しておきます。

ホームページには直近の発注状況がリアルタイムで更新されているので、こちらも参考にしてください!

10.LIFE HIDE(リファイド)

LIFE HIDE
サービスのタイプ文字単価
ライティング専門1記事数千円~数万円

LIFE HIDE(リファイド)は10年以上の実績があり、ニュース型業種を問わず幅広いジャンルの記事執筆が可能なライターが170名以上も在籍するSEOライティング専門会社です。

ITやソフトウェア・医療・不動産、取材系の記事など難しい分野の記事も、LIFE HIDE(リファイド)のライターに任せれば安心です。海外在住のライターも居るので、海外向けの記事の作成してもらうにも最適です。

ニュース型プラン・コラム型プランの他、ニュース型とコラム型両方を兼ね備えたハイブリッドコンテンツマーケティングとプランいう独自のプランも用意されています。

具体的な料金が記載されていないので、気になった方はまずは問い合わせてください。

正式に依頼をする前にサンプル記事を無償で提供・記事の修正も無制限で可能なのは、LIFE HIDE(リファイド)だけです。

記事代行の継続率は90%以上と圧倒的支持を得ているのも納得です。

SEOライティング代行サービスのまとめ

この記事で紹介した10社以外にも、たくさんのSEOライティング代行サービスが存在しています。

内容やプランはどのサービスも当然すべて違うので、【何を求めるのか】を明確にしておくことがとても大切です。

自社サイトに合う代行サービスを上手く利用して、SEO対策・ユーザー獲得に努めましょう!