このページではSEOライティングについて、基本と書き方のポイントについて紹介して行きます。

「SEOライティングって何?」という人や「SEOライティングに興味があるけど、何から始めたら良いのか分からない」という人はぜひ参考にしてください。

SEOライティングとは?

SEOライティングとは「SEOを意識したライティング方法」のことで、WEBライティングのような理解しやすいライティングに加えて、SEOを意識したライティングを言います。

「SEOを意識したライティング」と聞くと、難しそうなイメージがあるかもしれませんが、コツやポイントを掴めばそこまで難しいものではないです。

Google(検索エンジン)で集客するライティング手法

なぜSEOライティングが求められるかと言うと、Googleなどの検索エンジンからのアクセスは非常に大きく、SNSやリンクなどを使った集客よりも大きなアクセスを生み、結果的に売上や利益にも大きな影響があります。

検索エンジンで上位表示されれば継続的にアクセスが生まれるため、バズる必要もなく安定的な集客が可能になります。

SEOライティングの役割はGoogleに「これは○○についての記事だよ」と分かりやすく伝えることが大切です。ユーザーを意識した分かりやすい記事に加えて、SEOに有利になるSEOライティングも意識して記事を書いて行きましょう。

参照:Wikipedia 検索エンジン最適化
参照:Google 検索エンジン最適化スターターガイド

SEOライティングとWEBライティングの違い

SEOライティングとWEBライティングの違いは「SEOを意識したライティングになっているか?」という点が違います。

WEBライティングのようにパソコンやスマホで見た時にシンプルで読みやすい文章にすることもやりながら、SEOという「検索エンジンで上位表示されやすい文章」を書いて行く必要があります。

SEOライティングの基礎と書き方のポイント

SEOライティングの基礎ポイント
  • ユーザーを意識した文章を作成する
  • 検索エンジンで上位表示しているサイトやブログを見て検索意図と必要な情報を確認する
  • 1記事1キーワード
  • タイトルや見出し、コンテンツでキーワードを使う
  • オリジナル性、独自性のある記事内容を書く
  • 画像や表、リストを使う
  • 引用情報や、引用元情報を積極的に入れる
  • キーワードや共起語を入れる

SEOライティングではこの8つを基本としてライティングして行きます。

ユーザーを意識した文章を作成する

SEOライティングと言っても、基本的にはユーザーに読みやすい文章を作るのが1番の基本になります。SEO効果が強いからと言ってキーワードを入れすぎたり、不自然な日本語にしても効果はありません。

SEOライティングでも、まずは読者を意識したコンテンツ作りを意識してください。

検索エンジンで上位表示しているサイトやブログを見て検索意図と必要な情報を確認する

SEOで上位表示するには、まず検索エンジンで上位表示しているサイトやブログを確認して行きましょう。どんな内容が書いてあるのか?検索意図(ユーザーがどんな目的で検索して、どんな答えを欲しているのか?)を見て行きます。

あまり意識し過ぎるとパクリ記事になってしまうので、あくまで「話しの方向性」や全体に書いた方が良い「必要な内容」を見て行きます。

1記事1キーワード

SEOライティングは基本的に「1記事1キーワード」を狙ってGoogle検索で上位を狙うことです。1記事に2つも3つもキーワードは狙いません。

関連性の高いキーワードは一緒に書くこともありますが、基本的には1記事1キーワードなどを覚えておきましょう。

タイトルや見出し、コンテンツでキーワードを使う

また、狙うキーワードは「タイトル」や「見出し」「コンテンツ」にも使うようにして行きます。特にタイトルでは狙うキーワードは非常に重要になります。

見出しではキーワードを毎回入れる必要はありませんが、必要に応じて積極的に入れて行きましょう。コンテンツでは狙うキーワードは省略することなく、できるだけ使って行きます。

代名詞を使うのではなく、狙うキーワードはしっかりと記事に入れていくことが大切です。

オリジナル性、独自性のある記事内容を書く

検索エンジンでは似たようなコンテンツはあまり評価は受けませんので、他のライバルサイトやブログをコピーしたようなコンテンツでは上位表示ができません。

できるだけオリジナルの独自情報を含めて内容や、他のサイト・ブログよりも深堀りした内容を書くようにしてください。他の人をマネしたリライト記事は悲しいほど上位表示されないです。

画像や表、リストを使う

SEOライティングは基本的に「ライティング」ですが、分かりやすく伝えるために画像や表、リストを使って総合的にユーザーに伝えることが大切です。

画像は専門のWEBデザイナーやイラストレーターがいる場合はお任せすれば良いですが、表や画像は積極的に使って行きましょう。

難しい内容や、複数個ある項目は、どうしてもライティングだけで伝えるのは難しく、ユーザーは読み飛ばしてしまう可能性もあります。

表やリストを使うことで、内容を端的に伝えることができるので、表やリストはぜひ使ってみましょう。そちらの方がクライアントは喜ぶことが多いです。

引用情報や、引用元情報を積極的に入れる

今のGoogleSEOは情報の信頼性を求められることが多く、引用情報をblockquoteタグで伝えることがSEOライティングでは必要になっています。

引用情報を掲載するだけでなく、引用元のURLも記載することでGoogleの評価を得ることができます。

公式サイトや公的な情報は、ぜひ引用情報を載せるようにしましょう。引用はコピペで良いので、文字数も稼ぐことが可能です。

キーワードや共起語を入れる

SEOライティングでは1つのページに「狙ったキーワード」や共起語が全体的に入っているか確認することが大切です。

読みやすくて良い記事が書けても、キーワードが入っていなければGoogleから認識されず、狙ったキーワードで上位表示することができません。

狙ったキーワードが全体的に入っているのか、後は共起語と呼ばれる「そのキーワードと一緒に使われることが多い言葉」も記事に入っていると、SEOに有利なのでチェックするようにしてください。

初心者向けSEOライティングのコツ

SEOライティングのコツは、上で紹介した1記事1キーワードやキーワードをいろんな箇所で使うだけでなく、キーワードでGoogle検索を実際にやってみて、ライバルサイト・ブログを研究することも大切です。

  • このキーワードはどんな検索意図なのか(ユーザーはどんな目的で調べているのか?)
  • 必要な情報(コンテンツだけでなく画像や動画が必要なのか、どこまでの詳細が必要か?)
  • コンテンツの量(上位表示のために、どれくらいの情報量がいるのか?)

このように上位サイトを検索しながら、しっかりとリサーチすることが大切です。上位サイトのマネをしないように気を付けて行きましょう。

今のGoogleSEOは通常のSEO対策だけでなくE-A-T(専門性、権威性、信頼性)を意識したライティング技術も必要になってきてます。

詳細は別ページで紹介して行くので、ぜひ参考にしてください。

> 初心者向けSEOライティングのコツ

記事構成やプロットを学ぶ

記事を作る時は、上から順番に書いて行くのではなく、記事構成を作ってから記事を書くのがおすすめです。

まずはしっかりと上位サイトを研究して知識を蓄えてから、「タイトル」や「見出し」「結論」をイメージして作って行きましょう。

  1. その分野の詳しい情報や公式サイト、上位サイトを見て研究する

    まずはその情報を詳しく知るために本や雑誌、公式サイトの上方やライバルサイトを見てしっかりインプットしましょう。

  2. タイトルを決定する

    狙うキーワードや結論を決めてからタイトルを付けます

  3. 見出しを決める

    話しの流れをユーザーに伝えるために見出しを決めます

  4. 導入・要約文を作る

    サイトのh2までのコンテンツは、この記事で書く内容や、読むことでどんなメリットがあるのか?などを分かりやすく伝えます

  5. メインコンテンツを書く

    見出しに沿って、話しがブレないように、完結に分かりやすく伝えます

  6. まとめ・結論を書く

    このページの結論やコンテンツのまとめ、注意事項などを書きます

  7. 記事の見直しをする

    誤字脱字や分かりにくい箇所の修正、浅い内容の追加コンテンツなどをします。
    コピペチェックをして、他のサイトで似たようなコンテンツがないか確認します

全体的にはこのように、タイトルや見出しなど大枠から決めて行き、最後にコンテンツを書いて行きます。

SEOライティングは分かりやすく簡潔に伝えることが大事なので、最後に見直して分かりにくい箇所の修正や追加などを行って行きましょう。

記事構成やプロット作成方法は別ページで詳しく解説して行きます。

> SEOライティング記事構成の作り方と全体の流れ
> 記事構成案の作り方!SEOライティングのプロット作成方法とポイント・注意点

SEOライティングのノウハウを学べる講座

SEOライティング初心者は、「まず何をやったら良いか分からない」という人も多いと思います。

そんな人は、まずSEOライティングのノウハウを学べる講座を受けたり、YouTube動画でSEOライティングを学ぶところから始めましょう。

SEOの知識やノウハウは1つではなく非常に幅が広いので、いろんな人の講座を受けたり動画を見て、学んで行くことが大切です。その中から「この人は!」という人がいれば、集中的に学んで行きましょう。

SEOの知識は常に形を変えて行くものなので、その時によって正解が変わってきます。

時にはSEOが反対になることもありますので注意してください。(その時は良かったものが、後々は悪影響に変わるものもあります)

おすすめのSEOライティング講座は別ページで詳しく紹介して行きます。

> SEOライティングのノウハウを学べる講座8選

SEOライティングにおすすめの資格や検定

資格・検定名費用
SEOマーケティングアドバイザー10,000円
SEO検定
(ダウンロード学習コース)
4級(12,000円),3級(14,000円),2級(18,000円),1級(20,000円)
WEBライティング技能検定32,000円 ※検定講座料金、6,000円 ※受験費用
WEBライター検定3級(無料),2級(10,000円),1級(25,000円)
WEBライティング能力検定13,500円(学生割引あり、中高生・大学・短大生は半額の6,750円)
認定SEOコンサルタント150,000円
日本語検定5~7級(1,800円),4級(2,500円),3級(3,800円),2級(5,300円),1級(6,300円)
ビジネス著作権検定初級(5,100円),上級(8,000円)

SEOライティングではさまざまな資格や検定があり、資格を取ることでクライアントからの信頼が得られて仕事の受注がしやすくなります。知識の幅を広げることにもつながるので、ぜひ資格や検定を定期的に取って行きましょう。

資格によってはかなり高額のものもあるので、まずはクラウドワークスが行っている「WEBライター検定」を取るのがおすすめです。

WEBライター検定3級は無料で受講することができ、何度でも受験が可能です。2級(1万円)、1級(2.5万円)もありますが、まずは3級から取って行きましょう。

他にも本格的にライターとして仕事をして行く人向けの資格もあるので別ページで詳しく紹介して行きます。

> SEOライティングにおすすめの資格と検定・習得内容と費用

ライティング代行サービスを利用する

SEOライティングを依頼したい人も受注したい人も、ライティング代行サービスを利用するのがおすすめです。自分でライターを探すことも大変ですし、クライアントを見つけることも難しいです。

まずはクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスやライティング専門業者を使い、仕事の受発注をして行きましょう。

もしその中で継続的に仕事できそうな人がいれば、個別に依頼することもできます。(個別依頼を禁止しているサービスもあります)

SEOライティング初心者の人は、まずはクラウドワークスやランサーズの「タスク」の仕事に応募しながら経験を積んでいくのがおすすめです。

私も記事の発注を行っていますが、長くお付き合いさせて頂いているライターさんはたくさんいます。代行サービス10選を別ページで紹介して行きます。

> ライティングの強い味方!SEOライティング代行サービス10選

おすすめのSEOライティングツール

SEOライティングはキーワード選定や共起語、キーワード出現率などさまざまなことを意識する必要があります。それをすべて手作業でやるのは大変なので、ぜひライティングツールを活用して行きましょう。

本格的なものは有料ですが、無料で使えるツールも多いです。

将来的にSEOライティングで仕事をして行きたい人は、クライアントに提出した記事の順位を見て行くのがおすすめで、順位をチェックするツールもあります。

ここでは私が実際に使っているツールも多く、おすすめを紹介して行きます。全部で12個のツールをコチラのページで紹介します。

> SEOライティングにおすすめのツール一覧

SEOライティングの注意点・やってはいけないNGなポイント

SEOライティングではやってはいけないNGなポイントがあるので紹介します。

上位サイトのリライト記事を書く

よくありがちなSEOライターのやってはいけないことで、「狙うキーワードの上位サイトのコンテンツをパクる」ということはNGです。

コピペチェックツールに引っかからない程度であっても、上位サイトのマネをすることは内容が表面的で薄くなることが多く、Googleからの評価を得ることができません。

上位サイトの内容を参考にするのは大事なことですが、あくまで自分の言葉でコンテンツを書き、上位サイトを超えるような独自性と深堀りした内容を書くにようにしましょう。

狙うキーワードを入れない、キーワードを入れすぎる

SEOライティングでは狙うキーワードを適度に使うことが重要です。キーワードを入れなさすぎたり、入れすぎることも評価としては良くありません。

ファンキーレイティングなどのキーワード出現率チェックツールを使い、出現率が1~2位くらいになるのがおすすめです。

出現率が圧倒的に1位でも良くありませんし、4位、5位くらいだとキーワードが少なすぎます。

また、記事全体でキーワードが不足している箇所があれば、全体的に狙うキーワードが出てくるようにしましょう。

記事の構成を考えずに書き始める

記事のタイトルや見出し、結論を決めずに記事を書き始めることもNGです。

構成を決めずに記事を書き始めると、内容に一貫性がなく、ユーザーが途中で記事を読むのを止めてしまう可能性が高くなります。

SEOでは「ページ滞在時間」も評価対象になっていると言われているので、ユーザーが完読してくれるような、まとまりのある、読みごたえのある記事を目指しましょう。

また、書く内容は見出しごとに1つずつにして、内容に一貫性を持たせましょう。

離脱されやすい記事内容を書く

記事内容が浅すぎたり、難しい内容を難しいまま伝えると、ユーザーは読む気がなくなり途中で離脱してしまいます。

記事を書き終えた時にもう一度、記事内容を見直し、内容が表面的すぎないか?分かりにくくないか?確認するようにしましょう。

必要に応じて修正や追記していくことが大切です。

キーワードを意識し過ぎたタイトルやコンテンツ

今のGoogleSEOは昔と違って高度になっています。キーワードを意識し過ぎたタイトルやコンテンツは必要ないので、適度に使うようにしましょう。

いろんなキーワードを入れ込みすぎて日本語ではなくなったタイトルの付けている人もいますが、今はそんな時代ではないです。

狙うキーワードは2回も3回も入れる必要がないので、自然な形で入れるようにしてください。

見出しのタグが不適切

見出しの基本的な使い方はh2(大見出し)→h3(中見出し)→h4(小見出し)の順番に使います。h2のあとにh4が来ることは絶対にありません。

初心者は見出しをデザイン性で選んだりする人もいますが、そうではなくh2を基本にして、細かい内容になって行く時だけh3やh4を使って行きましょう。

基本的にはh2を軸に見出しを作っていき、その細かい内容でh3を使います。h4はさらに細かい内容や注意点などで使い、h4は使う頻度は少なくなります。

見出しタグなどのHTMLは間違っているとSEO評価が悪くなるので、正しい使い方をして行きましょう。

文字数を無駄に稼ごうとするコンテンツ

ライターの方は文字単価で仕事をしている人が多いので、文字を稼ごうとする文章や接続詞などを入れる人が非常に多いです。少しでも稼ごうとするのは仕方がないとしても、クライアントからも喜ばれず、文章を読むユーザーからも嫌われます。

クライアントから継続的な仕事をもらうためには、文字数を無駄に増やそうとするのではなく、読みやすい文章を提供することを心掛けてください。

そうすることによって、読者から喜ばれる記事となってSEOの評価も上がり、検索エンジンで上位表示することによって、クライアントからのリピートも増えて行きます。

まとめ:検索エンジンから評価される文章を書こう!

SEOライティングの基本と書き方のポイントについて紹介して来ました。SEOライティングはWEBライティングに似ていますが、SEOを意識することが必要なので、やることが多くなります。

SEOライティングを正しく学んで、検索エンジンで上位を取れる記事を書いて行きましょう。

記事はクライアントに納品して終了ではなく、順位が上がるかどうか見ていくことも大切です。ぜひGRCなどのツールを使って、クライアントに提出した記事の順位を追って行くと良いでしょう。